当サイトにはプロモーションが含まれています。

司法書士に50代からの挑戦!試験の道のりと成功の秘訣を解説

司法書士に50代からの挑戦 司法書士の資格
  • 50代だけど司法書士に合格できる?
  • 今から目指しても大丈夫?
  • 短期間で受かる勉強法を知りたい!

司法書士に興味がある方。

50代だけど合格できるの?』と思っていませんか。

 

司法書士試験は難関です。今から挑戦しても合格できるのか気になるところです。

 

★この記事を書いた人

数々の難関試験に合格。士業の資格も複数所持。

現役の士業として活動中。士業の業界に詳しいです。

そこでこの記事では、50代から司法書士試験に合格できるのかを解説します。

 

この記事を読むことで、短期合格するための勉強法が理解できます。

\ 厳選5社!優良講座を紹介/

おすすめの司法書士通信講座【5選】

 

★お得情報

司法書士のオススメ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで司法書士について深く知ることができます。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

司法書士に50代からの挑戦!

士業

50代からでも司法書士に合格することは可能です。

 

令和5年度の司法書士試験の合格者は、30代から40代が約6割を占めており、平均年齢は41.14歳。

 

50代の合格者も全体の17.4%もいます。最近では50代以上の合格者も増加傾向にあります。

 

合格者の最高年齢は82歳。50代でも合格を目指すことはできます。

 

合格に年齢は関係ありません。自身の努力が合格への鍵を握ります。

司法書士に50代から挑戦!【取得のメリット】

メリット

50代から司法書士試験に挑戦するのは、多くの魅力があります。

  • 豊富な経験と知識の活用
  • 新たなキャリアの可能性
  • 大きく稼げる

豊富な経験と知識の活用

50代の方は多くの社会経験や職務経験を積んでいます。

 

これまでの経験や知識を司法書士業務に活かすことができます。

 

業務に対して、幅広い知識や洞察力を持って取り組むことができます。

新たなキャリアの可能性

50代で新たなキャリアに挑戦することで、自己成長や新しい挑戦による刺激を得ることができます。

 

司法書士として新しい分野に足を踏み入れることで、意欲を高め、新たな目標を達成する喜びを感じることができます。

大きく稼げる

お金を稼ぐ

司法書士資格を取得することで、大きく稼げる可能性があります。

 

司法書士は独立開業できる国家資格。やり方次第で年収1000万円も十分可能です。

 

現に年収1000万円以上稼いでいる司法書士は大勢います。

司法書士の需要と将来性

将来性

AIの進展により、司法書士業務の一部が自動化される見込みです。

 

一方で、高齢者の数が増加する現代において、成年後見業務や相続登記などの需要は増大しています。

 

特に成年後見業務は、AIの影響を受けにくいため、今後も需要が見込まれます。

 

加えて、相続登記や不動産関連業務も引き続き需要がありそうです。

 

司法書士の需要は今後も安定してあります。

≫参考:司法書士はオワコン?士業が解説!今後の需要や将来性はあるの?

【必見】司法書士に50代からの挑戦する方!

★オススメ書籍を無料で入手! 

司法書士に興味をお持ちの方。

 

司法書士の理解を深める書籍をご紹介します。クレアール出版の『司法書士の仕事と働き方がイチからわかる本』です。

 

この書籍には、現役の10名の司法書士が、仕事の魅力や今後の展望について語っています。

 

また、資格の活用方法や平均年収なども詳しく紹介されています。

 

書籍を読むことで、将来の目標に向けたモチベーションが高まるでしょう。

 

クレアールに資料請求をすると、今だけ先着100名には無料提供されます。

 

資料請求後に営業や勧誘は一切なく、安心してご利用いただけます。

\かんたん!1分で入力完了/

司法書士試験に挑戦!受験対策のアドバイス

出典:クレアール公式サイト

これから司法書士の学習を始める方。「非常識合格法」という書籍を読むことをお勧めします。

 

書籍では、司法書士試験の短期合格ノウハウが提供されており、最新の試験情報や勉強法が詳しく解説されています。

 

勉強法を間違えると合格まで遠回りしてしまいます。

 

最初に正しい勉強法を学んでから学習をスタートさせましょう。

 

書籍を読むことで初学者から経験者まで、合格への近道を見つけることができます。

 

Amazonでの価格は1,500円ですが、クレアールに資料請求すれば無料で手に入ります。

 

資料請求後に強引な勧誘は一切ないので、ご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

通信講座を受講

通信講座がオススメ

司法書士試験の学習において独学はお勧めしません。なぜなら内容が難しすぎるからです。

 

プロの指導は必須とお考えください。よって、通信講座か予備校の二択になります。

 

50代の場合は、働いている方が大半だと思います。予備校に通うと時間拘束があり、通うのが大変なのでオススメしません。

 

加えて、予備校に通うと費用も高額です。

 

筆者のオススメは通信講座です。

 

通信講座の教材はわかりやすく、理解しやすい内容で構成されています。

 

筆者も数々の難関試験を通信講座のみで合格してきました。通信講座で十分合格できます。

 

しかし、世の中には様々な通信講座があります。オススメの通信講座を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

 

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

【まとめ】司法書士に50代からの挑戦!

司法書士は50代からでも合格できます。

 

令和4年度の合格者の平均年齢は40.65歳。50代の合格者も全体の17.4%。50代以上の合格者も増加傾向にあります。

 

合格者の最高年齢は82歳。年齢よりも努力が合格の鍵です。

 

★50代から司法書士になるメリット

  • 豊富な経験や知識の活用ができる
  • キャリアが広がる
  • 大きな収入を得る可能性がある

AIの進展による自動化の一方で、成年後見業務や相続登記などの需要は増大しており、特に成年後見業務はAIの影響を受けにくく需要が継続する見込みです。

 

司法書士の需要は今後も安定していると言えます。

 

司法書士に関心がある方。司法書士についてより詳しく理解するための書籍があります。

 

クレアール出版の『司法書士の仕事と働き方がイチからわかる本』です。

 

今だけクレアールに資料請求すると無料でプレゼント中です

\かんたん!1分で入力完了/

また、司法書士試験に挑戦する際は正しい勉強法を知ることが重要です。

 

クレアール出版の「非常識合格法」の書籍を読むことで正しい勉強法を理解できます。

\  先着100名にプレゼント!/

司法書士試験の勉強法には通信講座がお勧め。

 

世の中には様々な通信講座があります。オススメの通信講座を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

 

これまで数々の難関試験に通信講座のみで合格してきた筆者が厳選の通信講座を紹介しています。

 

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

司法書士に関する下記の記事も参考にしてください。