当サイトにはプロモーションが含まれています。

司法書士を公務員の在職中に取りたい!合格できる勉強法を解説

司法書士に公務員の在職中に取りたい 司法書士の資格
  • 公務員の在職中に司法書士を取りたい!
  • 司法書士になるメリットは?
  • オススメの勉強法を教えて!

司法書士に挑戦する方。

公務員の在職中に司法書士試験に合格したい!』と思っていませんか。

 

司法書士試験は簡単ではありません。どのように勉強すれば合格できるのか気になる方もいると思います。

 

★この記事を書いた人

難関資格を10以上所持。士業の資格も複数所持。

難関試験の勉強法を熟知しています。

そこでこの記事では、働きながら司法書士になるための勉強法を解説します。

 

この記事を読むことで司法書士のメリットや合格できる勉強法がわかります。

\ 厳選5社!優良講座を紹介/

おすすめの司法書士通信講座【5選】

 

★お得情報

司法書士試験の短期合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)

詳しくはこちら

司法書士に公務員の在職中になるメリット

公務員から司法書士を目指すメリット

  • 自由度が高い
  • 独立開業すると大きく稼げる
  • 司法書士に公務員から転職できる

自由度が高い

公務員は副業が禁止されているので、業務以外の活動はできません。

 

一方で司法書士には副業禁止の規定はありません。司法書士だけでなく様々な活動を自由に行えます。

  • 社労士など他士業との兼業
  • ブログやアフィリエイト
  • インスタやXなどSNS上での活動
  • 講師やコンサルタント、カウンセラー

司法書士は公務員と比べて自由度の高い職業です。

独立開業すると大きく稼げる

司法書士は独立することができ、自らの努力によって大きな収入を得ることが可能です。

 

実際、年収1000万円を超える司法書士も多く存在します。

 

一方、公務員の収入は安定していますが、大幅な収入増加は見込めません。

 

近年注目を集めているFIRE(経済的自立)。

 

公務員での早期FIREは難しいですが、司法書士なら早期FIREも可能です。

 

なぜなら、司法書士は高い収入を得ることができるからです。

≫参考:司法書士で人生逆転!人生を好転させる理由と合格するための勉強法

司法書士に公務員から転職できる

公務員から司法書士に転職することも可能です。独立開業だけでなく、以下のような場所で活躍することができます。

  • 法律事務所
  • 司法書士事務所
  • 一般企業の法務部門

司法書士の働き口は様々。自分の好きな場所で活動することができます。

 

司法書士は使い勝手の良い資格。独立、就職、副業など様々な活用法があります。

≫参考:公務員を辞めて司法書士になる!目指すメリットやオススメの勉強法を解説

【司法書士に公務員の在職中に取得】司法書士の将来性は大丈夫?

司法書士の将来性

司法書士の将来性は明るいです。

  • 不動産取引の需要は今後も期待できる。よって登記業務の需要はある。
  • 日本は超高齢化社会。相続や遺言などの手続きが増加傾向。
  • 成年後見業務の需要が増大

≫参考:司法書士はオワコン?士業が解説!今後の需要や将来性はあるの?

司法書士試験に合格するための勉強法

司法書士に60歳から挑戦!短期間で合格する方法

司法書士試験は難関です。合格には相当の勉強量を覚悟しなければなりません。

 

試験の合格率は4%前後。合格に必要な勉強時間は3000時間ほどです。

 

試験の難易度を見ると『すごく難しそう…』と思うかもしれません。

 

しかし、諦める必要はありません。『正しい学習方法』と『継続力』があれば合格できます。

 

実は合格において頭の良さはあまり関係ありません。

 

『絶対に合格する!』という強い想いをもって、努力できれば大丈夫です。

【必読】正しい学習方法を知る

★オススメ書籍を無料で入手! 

出典:クレアール公式サイト

合格への鍵は、正しい学習方法を最初に習得することです。

 

進むべき方向を誤ると、合格は困難。仮に合格できたとしても遠回りになります。

 

正しい学習方法を身につけるためには、クレアールが出版している「非常識合格法」という書籍がオススメです。

 

書籍を読むことで、合格に必要な勉強法が理解できます。短期合格のコツや効率的なスケジュールの立て方など、受験生の知りたい情報が満載です。

 

私も書籍を読みましたが、非常に有益な内容でした。

 

クレアールに資料請求すると、今なら先着100名に「非常識合格法」の書籍が無料でプレゼントされています。

 

Amazonでは1,500円しますが、資料請求するだけで手に入れることができるのは大変お得です。

 

資料請求自体も無料ですので、安心して利用してください。なお、資料請求後には強引な勧誘は一切ございません。

\  先着100名にプレゼント!/

通信講座を受講

司法書士試験の勉強には通信講座が最適

司法書士試験の勉強方法には、以下の3つがあります。

  • 独学
  • 資格予備校に通学
  • 通信講座の受講

まず、独学はオススメしません。なぜなら、内容が難しすぎるので挫折する可能性が高いからです。

 

独学の場合、理解できない箇所は自力で解決する必要があります。

 

基本的に合格するにはプロの教えは必須とお考えください。

 

資格予備校に通う方法もありますが、個人的にはオススメしません。

 

なぜなら、数十万円もの費用がかかるからです。費用を抑えて合格を目指すなら、通信講座が適しています。

 

通信講座では自宅学習が基本。いつでもどこでも学習できるので、忙しい方でも隙間時間を使って効率的に学ぶことができます。

 

教材のクオリティが高いにもかかわらず、予備校の半額以下で受講できる点も大きなメリットです。

 

私も通信講座を受講して多くの難関試験に合格することができました。

 

初学者でも通信講座で十分に合格できます。通信講座をお探しの方は、以下の記事を参考にしてください。

 

筆者が数々の難関試験に通信講座のみで合格してきた経験から、厳選した通信講座を紹介しています。

 

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

司法書士に公務員の在職中に取りたい【よくある質問】

  • 司法書士試験は働きながら勉強できますか?
  • 働きながら司法書士になるには何年かかりますか?
  • 司法書士で稼いでいる人はどれくらいいますか?
  • 司法書士と公務員はどっちがいい?
  • 公務員の定年後に司法書士になるのは?

司法書士試験は働きながら勉強できますか?

公務員をしながら合格することは可能です。現に合格者の多くは30代~40代の働き盛りの社会人。

 

相当な努力は必要ですが不可能ではありません。

≫参考:司法書士に働きながら一発合格!効果的な学習法や一発合格の秘訣

働きながら司法書士になるには何年かかりますか?

1日に勉強できる時間によっても異なります。勉強時間を多く取れる人なら合格は早いでしょう。

 

しかし、ほとんど勉強時間を取れない人であれば数年単位は見ておく必要があります。

 

いずれにしても働きながら合格を目指すのであれば通常は2~3年は見込んでおきましょう。

≫参考:司法書士を働きながら半年で合格できる?短期合格の勉強法を解説

司法書士で稼いでいる人はどれくらいいますか?

日本司法書士会連合会の「司法書士白書」によると、司法書士の平均年収は約450万円。

 

年収1,000万円以上の割合は約1割。つまり、およそ10人に1人が年収1,000万円を超えていることになります。

≫参考:司法書士は稼げない・儲からない?現役士業が実態を解説!

司法書士と公務員はどっちがいい?

独立開業して大きく稼ぎたい!自由な活動がしたいなら司法書士。

 

給料の大幅アップは期待できないが安定がほしいなら公務員。

 

両者の特徴を理解したうえで自分に合う方を選択してください。

≫参考:司法書士と公務員はどっちがオススメ?現役の士業が解説

公務員の定年後に司法書士になるのは?

公務員の定年後に第二の人生として司法書士になる方もいらっしゃいます。

 

司法書士に定年はありません。体力と気力があれば何歳からでも始められます。

≫参考:司法書士に60歳から挑戦!受かるための勉強法を解説

【まとめ】司法書士に公務員の在職中に取りたい!

公務員の在職中に司法書士になりたい方。

 

司法書士になるメリットは以下のとおりです。

  • 自由度が高い
  • 独立開業すると大きく稼げる
  • 司法書士に公務員から転職できる

司法書士の将来性は良好です。

 

不動産取引の需要は今後も期待できます。日本は高齢化が進む社会であり、相続や遺言などの手続きが増加。

 

同時に、成年後見業務の需要も拡大。司法書士の需要や将来性は今後も期待できます。

 

司法書士試験に挑戦する方。試験は難関です。合格を目指すなら正しい勉強法を知ることが重要です。

 

クレアール出版の「非常識合格法」の書籍をお読みいただくことをおすすめします。

\  先着100名にプレゼント!/

司法書士試験の勉強方法として、通信講座をオススメします。

 

通信講座は様々な会社がありますが、オススメの通信講座を知りたい方は以下の記事をご参照ください。

 

筆者が数々の難関試験に通信講座のみで合格してきた経験から、厳選した通信講座を紹介しています。

 

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

司法書士に関する下記の記事も参考にしてください。