当サイトにはプロモーションが含まれています。

司法書士に60歳から挑戦!受かるための勉強法を解説

司法書士に60歳から挑戦 司法書士の資格
  • 60歳から司法書士に合格できる?
  • 合格後は司法書士としてやっていけるの?
  • オススメの勉強法を知りたい!

これから司法書士に挑戦する方。

60歳からでも合格できるの?』と思っていませんか。

 

司法書士は難しい試験です。今から挑戦して合格できるのか気になるところです。

 

★この記事を書いた人

数々の難関試験に合格。士業の資格も複数所持。

現役の士業として活動中。士業の業界に詳しいです。

そこでこの記事では、60歳から司法書士試験に合格できるのかを解説します。

 

この記事を読むことで、合格するための勉強法がわかります。

\ 厳選5社!優良講座を紹介/

おすすめの司法書士通信講座【5選】

 

★お得情報

司法書士のオススメ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで司法書士について深く知ることができます。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

60歳から司法書士に挑戦【合格できます】

60歳から司法書士に挑戦

司法書士試験に、60歳からでも合格することは可能です。

 

令和5年度の司法書士試験に合格した人の中で、30代から40代が全体の約60%を占めています。

 

合格者の平均年齢は41.14歳。60代の合格者は全体の5.2%を占めています。

 

近年、60歳以上の合格者も増加しています。

 

合格者の最高年齢は82歳。したがって、60歳であっても合格できます。

 

年齢は関係ありません。もっというと頭の良さも不要です。

 

個人的に司法書士は努力の試験だと思っています。地道に勉強できた人だけが受かる試験です。

 

合格に必要な要素は『努力』と『やる気』だけ。頭の良さや年齢は関係ありません。

≫参考:司法書士は誰でも受かる?受かるコツと勉強法を解説

司法書士の平均年齢は50代

司法書士白書によると、司法書士の平均年齢は54歳。もっとも多い年代は40代で全体の3割を占めています。

 

実は若い世代が少ない業界なのです。

 

60代の司法書士も大勢います。

司法書士に60歳からなるメリット

司法書士に60歳からなるメリット

  • 豊富な経験と知識の活用
  • 独立開業できる
  • 小遣い稼ぎもできる

豊富な経験と知識の活用

60代の方は、豊富な社会経験や職務経験を有しています。

 

これまでの経験や知識は、司法書士業務において活かすことができます。

 

業務に対して、幅広い知識や洞察力を持って取り組むことが可能です。

司法書士は独立開業できる

司法書士で独立開業司法書士は独立開業できる国家資格。

 

一般的に、60代からの就職は難しい場合がありますが、独立に年齢は関係ありません。

 

司法書士の業界では、60代で独立することは珍しくありません。実際に60代で独立する人も多いです。

≫参考:司法書士は食いっぱぐれない?仕事の需要と将来性、資格の取得法を解説

小遣い稼ぎもできる

司法書士で小遣い稼ぎ

独立開業してガッツリ稼ぐより、『たとえ月5万円でも稼ぎたい』と思う方もいます。

 

司法書士として月5万円を稼ぐのは全然可能です。むしろ、やり方次第でもっと稼げます。

≫参考:司法書士で小遣い稼ぎ!副業の仕事内容や合格できる勉強法を解説

【司法書士に60歳から挑戦】いくら稼げる?

司法書士の平均年収

日本司法書士会連合会調べでは、司法書士の平均年収は約450万円でした。

 

しかし、司法書士は独立したり、就職したり様々な働き方があります。

 

司法書士で独立開業すると収入は青天井。年収1000万円以上の司法書士も大勢います。

≫参考:司法書士は稼げない・儲からない?現役士業が実態を解説!

司法書士の需要と将来性

司法書士の需要と将来性

AIの進歩により、司法書士業務の一部が自動化される見通しです。

 

一方で、高齢者数が増加する現代において、成年後見業務や相続登記などの需要は広がっています。

 

特に成年後見業務は、AIの影響を受けにくいため、今後も需要が続く見込みです。

 

また、相続登記や不動産関連業務も引き続き需要が見込まれます。

 

司法書士の需要は今後も安定しているといえます。

≫参考:司法書士はオワコン?士業が解説!今後の需要や将来性はあるの?

【必見】60歳から司法書士に挑戦する方!

★オススメ書籍を無料で入手! 

司法書士に興味をお持ちの方。

 

司法書士を深く理解するために、クレアール出版の『司法書士の仕事と働き方がイチからわかる本』を読んでみてください。

 

10名の司法書士が、仕事の魅力や将来の展望について語っています。

 

さらに資格の活用法や平均年収などについても詳しく解説されています。

 

書籍を通じて、司法書士のリアルな世界を知ることができます。

 

クレアールに資料請求すると、今なら先着100名に書籍が無料で提供されています。

 

資料請求後に、営業や勧誘は一切ないので、安心してご利用いただけます。

\かんたん!1分で入力完了/

司法書士に60歳から挑戦!短期間で合格する方法

司法書士に60歳から挑戦!短期間で合格する方法

60歳から司法書士を目指すことは遅くありません。実際に60歳から勉強を始める方もいます。

 

多くの受験生は、「勉強するなら短期間で合格したい」と考えています。

 

実は合格において頭の良さはあまり関係ありません。正しい方向に向かってコツコツ勉強するだけです。

 

つまり、方向性を誤らなければ短期間での合格も可能です。次項では短期合格のコツをご紹介します。

司法書士試験の短期合格ノウハウ本

出典:クレアール公式サイト

合格するための秘訣は、最初に正しい勉強法を身につけることです。

 

間違った方向に進んでしまうと合格することは難しいでしょう。

 

仮に合格したとしても、膨大な時間を費やすことになります。

 

正しい勉強法を学ぶには、クレアールが出版している「非常識合格法」の書籍がおすすめです。

 

書籍を読むことで、合格するための勉強法がわかります。

 

短期合格のコツやスケジュールの立て方など、受験生が知りたい情報が詰まっています。

 

私も書籍を読みましたが、初学者にも非常に役立つ内容です。

 

クレアールに資料請求すると、今なら先着100名に「非常識合格法」の書籍が無料でプレゼントされています。

 

Amazonでは1,500円もする本ですが、資料請求するだけで0円で手に入ります。

 

資料請求自体も無料ですので、安心して利用してください。

 

なお、資料請求後に強引な勧誘は一切ございませんのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

通信講座を受講

司法書士試験の勉強には通信講座が最適

司法書士試験の勉強方法は以下の3つがあります。

  • 独学
  • 資格予備校に通学
  • 通信講座の受講

独学はオススメしません。なぜなら、挫折する可能性が高いからです。

 

独学の場合、理解できない箇所を自力で解決する必要があります。

 

一方で、資格予備校に通う方法もありますが、個人的にはオススメしません。なぜなら、数十万円もの費用がかかるからです。

 

費用を抑えて合格を目指すなら、通信講座が適しています。

 

通信講座では自宅学習が基本。スマホやパソコンで講義を受けることができます。

 

通信講座の利点は、いつでもどこでも学習できること。忙しい方でも隙間時間を使って効率的に学ぶことができます。

 

最大のメリットは、予備校の半額以下で受講できるにもかかわらず、教材のクオリティが高いことです。

 

つまり、コストパフォーマンスが優れています。

 

私も数々の難関試験に通信講座を受講して合格することができました。

 

初学者でも通信講座で十分に合格できます。

 

通信講座をお探しの方は、以下の記事を参考にしてください。

 

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

司法書士に60歳から挑戦【よくある質問】

  • 司法書士は65歳からでもなれる?
  • 司法書士は何歳まで働ける?
  • 司法書士を目指すと後悔する?
  • 司法書士として定年後にアルバイトできる?

司法書士は65歳からでもなれる?

司法書士に年齢制限はありません。何歳からでも挑戦できます。

司法書士は何歳まで働ける?

司法書士に定年はありません。自分の体力と気力があれば何歳でも挑戦できます。

司法書士を目指すと後悔する?

司法書士は難関です。大半の受験生は合格できません。

 

ガンバっても報われない可能性はあるでしょう。

 

しかし、難しいからこそ価値があるのです。

≫参考:司法書士は割に合わない?試験の難易度と合格後の世界を解説

司法書士として定年後にアルバイトできる?

定年後にアルバイトとして働くことも可能です。ただし、働き口は多くないかもしれません。

 

しかし、司法書士の資格があるとかなり有利になるでしょう。

【まとめ】司法書士に60歳から挑戦

60歳から司法書士試験に合格することは可能です。

 

理由は、60代の合格者も沢山いらっしゃるからです。合格者の最高齢は82歳。

 

年齢は関係ありません。

 

司法書士の平均年齢は50代であり、60歳からでも遅くはありません。

 

司法書士に興味をお持ちの方。

 

『司法書士の仕事と働き方がイチからわかる本』を読んでみてください。

 

司法書士のリアルがわかります。

 

クレアールに資料請求すると、無料で書籍を入手できます。

\かんたん!1分で入力完了/

司法書士試験に挑戦する際は正しい勉強法を知ることが重要です。

 

クレアール出版の「非常識合格法」の書籍をお読みいただくことをおすすめします。

\  先着100名にプレゼント!/

司法書士試験の勉強法には通信講座がオススメ。

 

世の中には様々な通信講座があります。オススメの通信講座を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

 

これまで数々の難関試験に通信講座のみで合格してきた筆者が厳選の通信講座を紹介しています。

 

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

司法書士に関する下記の記事も参考にしてください。