当サイトにはプロモーションが含まれています。

司法書士に3ヶ月で合格できる?難関試験の有資格者が実態を解説

司法書士に3ヶ月で合格できる? 司法書士試験
  • 司法書士に3ヶ月で合格できる?
  • 短期間で合格できる人の特徴は!
  • 合格できる勉強法を知りたい!

司法書士に挑戦する方!

3ヶ月で司法書士試験に合格できるの?』と思っていませんか。

 

司法書士は難関試験。3ヶ月で合格できるのか気になるところです。

 

★この記事を書いた人

難関資格を10以上所持。士業の資格も複数所持。

難関試験の勉強法は熟知しています。

そこでこの記事では3ヶ月で司法書士に合格できるのか解説します。

 

この記事を読むことで、短期合格のコツがわかります。

\ 厳選5社!優良講座を紹介/

おすすめの司法書士通信講座【5選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

司法書士のオススメ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで司法書士について深く知ることができます。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

司法書士試験に3ヶ月で合格するのは難しい

勉強が難しいと感じている人

司法書士試験に3ヶ月で合格するのは厳しいです。なかには必死に努力して3ヶ月で合格を勝ち取る人もいます。

 

しかし、相当な学習量と戦略的な勉強法を実施しなければ難しいでしょう。

司法書士に3ヶ月で合格するのが難しい理由

  • 試験範囲の広さと深さ
  • 準備期間の不足
  • 効果的な学習戦略の確立

試験範囲の広さと深さ

勉強法がわからない

司法書士試験は、11科目に及ぶ幅広い科目構成となっており、各科目ごとに豊富な法律知識が求められます。

 

試験範囲が広く、さらに各科目の内容も複雑で深いため、3ヶ月という限られた期間で網羅的に学習するのは困難です。

≫参考:司法書士試験に受かる気がしない…合格できる勉強法を解説

準備期間の不足

時間の確保が難しい

司法書士は難関試験です。合格するためには十分な準備期間が必要です。

 

一般的には、3000時間の学習時間が必要とされており、3ヶ月では十分な準備を行うことが難しいとされています。

≫参考:司法書士は時間の無駄?資格の価値や合格できる勉強法を解説

効果的な学習戦略の確立

独学では限界がある

合格する受験生たちは、効果的な学習方法や戦略を確立してきます。

 

しかし、3ヶ月の短期間で合格するためには、効果的な学習戦略を短期間で構築する必要があります。

 

学習計画の立案や適切な学習資源の選択、重要ポイントの把握などを的確に行うことが難しく、十分な準備をすることが難しいです。

≫参考:司法書士試験は無理ゲー?難しい理由と合格できるの勉強法を伝授

司法書士を3ヶ月で合格できる人の特徴

正しい勉強法で学習する

  • 既に法律知識が豊富
  • 効果的な勉強法を実践
  • 継続的に努力できる

既に法律知識が豊富

法律の学習経験が豊富な人であれば3ヶ月で合格できる可能性はあります。

 

法科大学院に通っている、あるいは行政書士有資格者など。法律に詳しい人なら合格は早いと思います。

 

法律をかじった程度ではなく、ガッツリ法律を学んでいる人限定です。

効果的な勉強法を実践

どこの世界にも要領のいい人は存在します。司法書士試験は何も教科書を1~100まで完璧に勉強する必要はありません。

 

要点を重点的に学習するのが短期合格のコツです。完璧主義者の人では難しいでしょう。

 

過去問を分析し、頻出論点を深く学んで効率的に学習することが重要です。

 

加えて、プロの教えも必要なので予備校や通信講座を利用して効率的に学習できる人は早いです。

継続的に努力できる

合格するためにモチベーションを上げる

合格には絶対的な学習量が必要です。数百時間で受かるような試験ではありません。

 

目標に向かってコツコツ努力できる人でないと合格はできません。

 

試験合格に裏技はありません。泥臭く勉強時間を積み上げていかなければなりません。

 

よって、途中で挫折する人も多いです。最後まで継続できた人だけが合格できるのです。

【まとめ】司法書士を3ヶ月で合格できる?

やめたほうがいい

一般的に司法書士試験を3ヶ月という短期間で突破するのは難しいです。

 

合格の目安が3000時間といわれるなか準備期間が圧倒的に足りないです。

 

法律の知識が豊富で、かつ効率的な勉強法を継続的に実践できる人でない限り3ヶ月での合格は難しいでしょう。

 

司法書士は簡単には受かりません。だからこそ価値があるのです。

司法書士について詳しく学ぶ方法

★オススメ書籍を無料で入手! 

司法書士を目指す方におすすめの書籍があります。

 

クレアール出版の『司法書士の仕事と働き方がイチからわかる本』です。

 

10人の現役司法書士が、司法書士の仕事内容や魅力について語っています。

 

書籍を読むことで、司法書士について深く理解できます。

 

具体的には、以下のような内容が書かれています。

  • 司法書士の業務内容
  • 司法書士の働き方
  • 平均年収に関する情報
  • 司法書士の取得方法

司法書士を詳しく知りたい方は、この書籍は価値があります。

 

今だけクレアールに資料請求すると、先着100名に無料で提供されます。

 

司法書士の世界をもっと知りたい方は読んでみてください。

 

資料請求後も、強引な販売やしつこい勧誘は一切ないので、ご安心ください。

\かんたん!1分で入力完了/

効率的な学習で短期合格する方法

正しい勉強法

司法書士試験は過酷な試験であり、容易に合格するのは難しいです。

 

「では、合格は絶対無理なの?」と尋ねられた場合、「正しい勉強法を身につければ、合格可能です」と答えます。

 

無計画な学習では、合格できません。

 

筆者は過去に様々な難関試験に合格してきました。

 

大切なことは勉強の方向性と優良な教材を使用することです。

 

正しい勉強法と優良な教材は以下を参考にしてください。

  • 『非常識合格法』を読む
  • 通信講座を受講する

非常識合格法を読む【正しい勉強法を学ぶ】

出典:クレアール公式サイト

易しい試験であれば、自己流の学習法でも問題ありませんが、司法書士試験ではプロの指導が必要です。

 

最初に、適切な学習法を習得するために、クレアールから出版された『非常識合格法』を読みましょう。

 

『非常識合格法』は、司法書士試験の短期合格に役立つ方法を解説した書籍です。

 

書籍を読むことで、効果的な勉強法が理解できます。どのように勉強すれば合格できるのか、最初に正しい勉強法を学びましょう。

 

Amazonでの価格は1,500円ですが、今ならクレアールに資料請求すると無料で手に入ります。

 

無料で入手できる有益な本をぜひ読んでみてください。

 

資料請求後に強引な勧誘や押し売りは一切行われませんので、ご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

通信講座を受講

通信講座がオススメ

司法書士の学習において独学はお勧めしません。なぜなら挫折する可能性が高いからです。

 

司法書士のような難関試験を目指すのであれば原則、プロの教えは必須とお考えください。

 

司法書士の学習には通信講座がお勧めです。予備校に通う方法もありますが、高額なので個人的にはお勧めしません。

 

筆者も過去の数々の難関試験を通信講座のみで合格してきました。通信講座で十分合格できます。

通信講座の特徴通信講座のテキストはわかりやすく、理解しやすい特長があります。

 

また、通信講座では講師からの講義も受けられます。合格を目指すなら、必ずプロから学ぶことが重要です。

 

しかし、世の中には様々な通信講座があります。オススメの通信講座を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

 

これまで数々の難関試験に通信講座のみで合格してきた筆者が厳選の通信講座を紹介しています。

 

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

【まとめ】司法書士を3ヶ月で合格できる?

通常、司法書士試験を3ヶ月で合格するのは困難です。

  • 11科目で法律知識が求められる。
  • 一般的には3000時間の学習が必要。
  • 短期間で戦略を構築する難しさ。

3ヶ月で合格するには以下の条件をすべて満たしている必要があります。

  1. 法律知識が豊富。
  2. 効果的な勉強法を実践できる。
  3. 継続的な努力ができる。

3ヶ月での合格は一般的には難しく、達成できない可能性が高いです。

 

簡単には受からないから価値があるのです。

 

司法書士について、もっと知りたい方はクレアール出版の『司法書士の仕事と働き方がイチからわかる本』を読んでみてください。

 

司法書士について深く知ることができます。無料で優良本を入手できます。

\かんたん!1分で入力完了/

司法書士に挑戦するなら、正しい勉強法を知ることが重要です。

 

クレアール出版の非常識合格法の書籍がお勧めなので読んでみてください。

 

書籍を読むことで正しい勉強法が理解できます。

\  先着100名にプレゼント!/

司法書士試験の勉強法には通信講座がオススメ。

 

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

司法書士に関する下記の記事も参考にしてください。