当サイトにはプロモーションが含まれています。

司法書士に6ヶ月(半年)で合格できる?合格の秘訣と勉強方法を解説

司法書士に6ヶ月で合格できる? 司法書士試験
  • 司法書士試験に6ヶ月で合格できる?
  • 何年ぐらいで受かる?
  • 短期合格できる勉強法はある?

司法書士試験に挑戦する方!

6ヶ月で合格できるの?』と思っていませんか。

 

難関の司法書士試験を6ヶ月で合格できるのか気になる方もいると思います。

 

★この記事を書いた人

難関資格を10以上所持。士業の資格も複数所持。

難関試験の勉強法を熟知しています。

そこでこの記事では6ヶ月で司法書士試験に受かるのかを解説します。

 

この記事を読むことで、短期合格するための勉強法がわかります。

\ 厳選5社!優良講座を紹介/

おすすめの司法書士通信講座【5選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

司法書士試験の短期合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

司法書士試験に6ヶ月(半年)で合格することは難しい

やめたほうがいい

司法書士試験は範囲が膨大。通常、6ヶ月の短期間で合格するのは困難といえます。

 

合格には法律知識の習得、過去問の解答、問題演習など、多岐にわたる学習が必要です。

 

試験は純粋な法律知識だけでなく、理解度も問われるため、相当な時間と労力が必要です。

 

6ヶ月では充分な準備が難しいため、通常はより長期間にわたる学習が求められます。

 

ただし、個々の学習スタイルや努力によっては、短期合格することもあります。

 

司法書士試験において、合格まで数年かかることが一般的です。

 

早く合格したい気持ちはわかります。しかし、焦って身につけた知識は中途半端に終わります。

 

焦らず、じっくり腰を据えて学習しましょう。

≫参考:司法書士試験は無理ゲー?難しい理由と合格できるの勉強法を伝授

司法書士試験の学習期間は1~2年は必要

勉強法

司法書士試験の対策には最低でも1年以上は欲しいです。多くの受験生は、1年~2年の学習期間を確保しています。

 

試験では幅広い法律知識が求められるため、長期間にわたる学習が不可欠です。

≫参考:司法書士に独学で1年で合格できる?効率的な学習戦略と注意点を解説

最短で合格するための勉強法

正しい勉強法で学習する

司法書士は厳しい試験ですが、諦めてはいけません。

 

試験突破において重要なのは『勉強の方向性』と『合格したい気持ち』です。

 

適切な学習法を学び、着実に勉強すれば、合格のチャンスはあります。

 

合格率の低さは気にしなくてOKです。『司法書士に絶対なる!』という想いをもっておきましょう。

 

筆者はこれまで数々の難関試験に合格してきましたが、どの試験であっても共通するのは正しい勉強法の重要性です。

 

以下の勉強法を実践しましょう。

  • 正しい勉強法を学ぶ
  • 優れた教材を活用する

正しい勉強法を知る

★オススメ書籍を無料で入手! 

出典:クレアール公式サイト

受験を成功させるためには、正しい学習方法を習得することが不可欠です。

 

司法書士は難関試験。やみくもに勉強しても無駄な努力になる可能性もあります。

 

短期合格を目指すなら最初に正しい勉強法を知ることは不可欠です。

 

クレアール出版の書籍「非常識合格法」は合格への近道となります。

 

書籍では、司法書士試験の短期合格ノウハウを提供。各科目の学習法など、試験対策に有益な情報が満載です。

 

筆者も過去に「非常識合格法」の書籍を読んだ経験があり、非常に有益であると感じました。

 

クレアールに資料請求すると、今だけ先着100名に無料でプレゼント中です。

 

Amazonでの価格は1,500円ですが、資料請求するだけで無料で手に入れることができます。

 

資料請求後、強引な勧誘や営業は一切ないので、安心してご請求ください。

\  先着100名にプレゼント!/

通信講座を受講

通信講座がオススメ

司法書士試験の学習方法には3つの選択肢があります。

 

★独学

独学は費用を抑えることができますが、挫折のリスクも高まります。初学者にはオススメしません。

 

独学のメリットは安上がりなだけ。簡単な試験なら独学でもいいでしょう。

 

しかし、プロの教えは必須とお考えください。

 

★予備校通学

独学より予備校に通う方が全然いいです。しかし、数十万円の費用がかかります。

 

個人的には高すぎると思います。さらに、予備校に通うと時間的な拘束もあるため、社会人には大変です。

 

★通信講座

筆者のオススメは通信講座です。場所や時間を選ばず、自分のペースで学習できます。

 

さらに、講師の講義もあり、テキストもわかりやすいです。予備校に比べて費用も安いのでコスパ最強です。

 

筆者も通信講座だけで数々の難関試験に合格しました。通信講座で十分です。

 

筆者が厳選した通信講座を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

 

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

司法書士に6ヶ月(半年)で合格は可能?【よくある質問】

  • 司法書士は独学で何ヶ月で合格できますか?
  • 司法書士試験に合格するまでに何年かかる?
  • 司法書士は過去問だけで合格できる?
  • 司法書士は働きながら一発で合格できる?

司法書士は独学で何ヶ月で合格できますか?

独学の場合、長期学習を覚悟しなければなりません。

 

少なくとも数年単位の学習は必要です。

 

筆者の意見として、知識ゼロから学習を始めるなら最初は通信講座を利用しましょう。

 

1年目はプロの指導を受けたうえで、2年目以降は、独学で挑むのも選択肢の1つです。

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

司法書士試験に合格するまでに何年かかる?

合格までの年数には個人差があります。

 

1日10時間勉強できる人もいれば、1日1時間しか勉強できない人もいます。

 

勉強時間を確保できる人であれば2年程度で合格圏内にいくでしょう。

司法書士は過去問だけで合格できる?

司法書士試験を過去問だけで合格することはできません。

 

なぜなら、法的な思考力を問う問題が出題されるからです。

 

過去問だけでは試験突破に必要な理解力は身につきません。

 

地道にテキストを読み込む作業は必須です。

≫参考:司法書士は過去問だけで合格できる?活用方法と重要性を解説

司法書士は働きながら一発で合格できる?

可能性はゼロではありませんが、現実的ではありません。

 

1発合格を狙い、焦って勉強してもうまくいきません。

 

じっくり腰を据えて、コツコツ勉強することをオススメします。

≫参考:司法書士を働きながら半年で合格できる?短期合格の勉強法を解説

【まとめ】司法書士に6ヶ月(半年)で合格は可能?

司法書士試験を6ヶ月で合格するのは困難です。

 

合格への道のりは数年を要します。既に法律知識が豊富な人以外は数カ月という短期で目指さないことです。

 

効率的な学習法を習得、優れた教材を利用し、着実に勉強することが不可欠です。

 

司法書士は努力の試験。コツコツ継続する能力があれば誰にでもチャンスはあります。

 

合格を目指すなら、正しい学習法を習得しましょう。おすすめは非常識合格法の書籍です。

 

今なら、クレアールに資料請求するだけで無料で入手できます。

\  先着100名にプレゼント!/

原則、司法書士学習に独学はNGです。挫折する確率が高いからです。

 

合格を目指すなら通信講座が最適。オススメの通信講座は以下の記事を参考にしてください。

 

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

 

司法書士に関する下記の記事も参考にしてください。