当サイトにはプロモーションが含まれています。

司法書士に独学で1年で合格できる?効率的な学習戦略と注意点を解説

司法書士に独学で1年で合格できる? 司法書士試験
  • 司法書士に独学で1年で合格できる?
  • そもそも独学で受かるの?
  • 効率的な学習法を知りたい!

独学で司法書士試験に挑戦する方!

1年で合格できるの?』と思っていませんか。

 

司法書士は難関試験です。1年で合格できるのか気になるところだと思います。

 

★この記事を書いた人

難関資格を10以上所持。士業の資格も複数所持。

難関試験の勉強法を熟知しています。

そこでこの記事では1年で司法書士試験に合格できるのかを解説します。

 

この記事を読むことで、受かるための勉強法が理解できます。

\ 厳選5社!優良講座を紹介/

おすすめの司法書士通信講座【5選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

司法書士試験の短期合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

司法書士試験に独学で1年で合格は難しい

やめたほうがいい

まず、たった1年の学習期間、かつ独学で司法書士試験に合格するのは難しいです。

 

理由は以下のとおり。

  • 範囲の広さ
  • 専門知識の必要性
  • 膨大な学習量
  • 自分1人の限界

範囲の広さ

試験科目は多岐にわたります。さらに1科目ごとの範囲も広いです。

 

民法や刑法など幅広い法律の知識を理解することが求められます。

≫参考:司法書士試験は無理ゲー?難しい理由と合格できるの勉強法を伝授

専門知識の必要性

試験は法律の知識だけでなく、法律の実務や適用力も問われます。

 

法律の理論だけでなく、実際のケースに対してどのように法律を適用するかを理解する必要があります。

 

つまり、単なる法律の丸暗記では通用しません。理解力がなければ問題が解けないのです。

膨大な学習量

試験対策に必要な参考書や過去問題の解答など膨大な学習量が必要です。

 

一年という限られた時間で十分な準備をするのは難しい場合です。

自分1人の限界

独学の場合、参考書選びから学習スケジュールまで自分1人で決めなければなりません。

 

さらに、勉強する中でわからない箇所は自分で調べる必要があります。

 

簡単な資格試験なら独学でも良いでしょう。しかし、司法書士試験の場合は独学では限界がきます。

 

ましてや、1年で合格するのは相当難しいでしょう。

≫参考:司法書士試験に受かる気がしない…合格できる勉強法を解説

通常の学習期間は1年半~2年

勉強法

一般的に、司法書士試験の準備には少なくとも1年以上かかります。

 

通信講座や予備校を利用したうえで1年以上の学習が必要ということです。

 

多くの受験生は、十分な準備をするために1年半~2年の学習期間を計画しています。

 

範囲が広く、法律知識の幅広い理解が求められるため、長期間の学習が必要なのです。

そもそも司法書士試験は独学で合格できますか?

挫折

世の中には独学で合格する人もいます。

 

しかし、独学の場合は学習期間の長期化は覚悟しなければなりません。

 

1年で合格することは難しく、3~5年は必要とお考えください。

 

大抵の受験生は長期学習に耐えられず挫折していきます。

 

筆者も過去に数々の難関試験に挑戦し合格してきました。資格の所持数は10を超えています。

 

経験談から、独学で挑んでも良い資格と独学では無謀な資格が存在します。

 

本気で合格を目指すなら、独学という選択肢はオススメしません。

司法書士試験に合格するための勉強法

正しい勉強法で学習する

合格を目指すなら下記の勉強法を実践してみてください。

  • 正しい勉強法を知る
  • 優良な教材を使う

正しい勉強法を知る

★オススメ書籍を無料で入手! 

出典:クレアール公式サイト

少しでも短期間で合格を目指すなら、正しい方向性を知ることです。

 

やみくもに勉強しても合格できません。

 

最初に最短ルートを知り、そこに向かって勉強することで最短労力で合格を目指せます。

 

正しい勉強法を知るにはクレアール出版の『非常識勉強』がオススメ。「最速合格」の秘訣が満載です。

 

各科目の対策まで徹底的にカバーし、全11科目の学習方法を詳細に解説しています。

 

何事にもコツがありますが、司法書士試験にも「合格への勉強法」が存在します。

 

非常識合格法を読むことで正しい勉強法が理解できます。

 

非常識合格法はクレアールに資料請求した先着100名に無料で提供するキャンペーンを実施中です。

 

優良本を手に入れるチャンスですので、この機会にぜひ手に取って読んでみてください。

\  先着100名にプレゼント!/

優良な教材を使う

通信講座がオススメ

司法書士試験の学習方法は3つあります。

  • 独学
  • 予備校通学
  • 通信講座

独学は費用を抑えられますが、初学者にとっては非常に困難な方法で挫折リスクが高まります。

 

一方で、予備校に通学する方法もありますが、数十万円の費用がかかります。

 

最適な勉強法は通信講座。通信講座の利点は以下の通りです。

  • いつでも、どこでも学習可能
  • 分かりやすいテキストと講義

通信講座では、時間と場所に左右されず学習できます。

 

自分のペースで学習できることが大きなメリット。さらに、教材の品質が高く、費用も手頃です。

 

私自身も知識ゼロから数々の難関試験を通信講座を利用して合格しました。

 

初心者でも通信講座を活用すれば合格できます。

 

オススメの通信講座を知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

 

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

司法書士に独学で1年で合格できる?【よくある質問】

  • 司法書士の独学で何ヶ月で合格できますか?
  • 独学で合格するにはどのくらい時間がかかりますか?
  • 司法書士試験は何回で受かりますか?

司法書士の独学で何ヶ月で合格できますか?

通常、司法書士試験の合格には年単位の学習が必要です。

 

数カ月で合格できるようなものではありません。

 

通信講座や予備校に通うことで、独学よりも短期間で合格することができます。

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

独学で合格するにはどのくらい時間がかかりますか?

通常、司法書士試験の合格には3000時間の学習が必要です。

 

しかし、独学の場合、方向性を間違えると更に時間がかかります。

司法書士試験は何回で受かりますか?

司法書士試験の平均受験回数は3~5回です。

 

初受験で合格することは難しく、数年単位で学習する人がほとんどです。

【まとめ】司法書士に独学で1年で合格できる?

1年の独学で司法書士試験に合格するのは難しいです。理由は試験範囲の広さと、専門知識の必要性にあります。

 

試験科目は多岐にわたり、民法や刑法など幅広い知識が要求されます。

 

膨大な学習量が必要であり、一年では不十分です。

 

独学の場合、自己判断で参考書選びや勉強スケジュールの立案が求められます。

 

多くの受験生は学習に耐えられず挫折します。本気で合格を目指すのならば、独学ではなく、プロの指導を受けることが不可欠です。

 

合格を目指すなら『非常識合格法』の書籍を読んでみてください。

 

正しい勉強法を知ることができます。

\  先着100名にプレゼント!/

合格を目指すなら独学ではなく、通信講座が最適です。オススメの通信講座は以下の記事を参考にしてください。

 

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

司法書士に関する下記の記事も参考にしてください。