当サイトにはプロモーションが含まれています。

司法書士にサラリーマンが合格できる?オススメの勉強法を解説!

司法書士にサラリーマンが合格できる? 司法書士試験
  • サラリーマンだけど司法書士に受かる?
  • 司法書士になるメリットは?
  • オススメの勉強法を知りたい!

司法書士試験に挑戦する方!

サラリーマンでも合格できるの?』と思っていませんか。

 

司法書士は難関試験。働きながら合格できるのか気になると思います。

 

★この記事を書いた人

難関資格を10以上所持。士業の資格も複数所持。

難関試験の勉強法を熟知しています。

そこでこの記事では働きながら司法書士に合格できるのかを解説します。

 

記事を読むことで、司法書士を目指すメリットや合格できる勉強法がわかります。

\ 厳選5社!優良講座を紹介/

おすすめの司法書士通信講座【5選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

司法書士試験の短期合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

司法書士試験にサラリーマンでも合格できる

司法書士試験にサラリーマンで合格できる

サラリーマンが司法書士試験に合格することは可能です。

 

令和5年度の合格者の年齢層を見ると30代~50代が全体の約8割を占めています。

 

合格者の平均年齢は41.14歳。働き盛りの社会人が合格者の大半を占めています。

 

よってサラリーマンでも合格することは可能です。

 

個人的に司法書士は努力の試験だと思っています。地道に勉強できた人だけが受かる試験です。

 

合格に必要な要素は『努力』と『やる気』だけ。頭の良さは関係ありません。

≫参考:司法書士に35歳から挑戦!成功の秘訣とキャリア戦略を解説

【司法書士にサラリーマンが合格】司法書士になるメリット

  • 転職できる
  • 独立できる
  • 副業できる

転職できる

司法書士で転職

司法書士の資格は、就職や転職に有利です。

 

現在、高齢化が進む社会では、相続や成年後見人のニーズが高まっています。そのため、司法書士の需要も増えています。

 

終身雇用制度が揺らぐ現代では、一つの会社で長く働くことが難しくなりました。

 

もし仕事を失った場合、スキルや資格が足りないと再就職が難しくなります。

 

しかし、司法書士の資格を持っていると、再就職のチャンスが増えます。

 

解雇されても「自分には司法書士の資格がある」という安心を持ちながら、仕事に臨めます。

独立できる

司法書士で独立開業司法書士で独立開業することも可能です。

 

独立すれば、個人の努力次第で年収1,000万円も夢ではありません。

 

さらに、会社員のように時間に縛られず自由に仕事をすることができます。

 

営業努力が必要ですが、自由な働き方と高収入を目指せるのが司法書士の特徴です。

副業できる

司法書士で副業司法書士は副業にも活用できます。会社員として働きながら司法書士として副業してもOK。

 

今の時代、副業に対する関心が高まっています。

 

将来、独立を目指す人にも副業はオススメです。最初は会社員との掛け持ちで副業。

 

司法書士の収入が安定したら会社員を辞めて独立する道もあります。

司法書士に働きながら合格するための年数は?

司法書士試験の合格に必要な勉強時間は3000時間程度。

 

合格までの平均受験回数は3~5回ほど。多くの受験生が数年単位で勉強しています。

 

一発合格は狙わず長期目線で考えましょう。

≫参考:司法書士試験は無謀?合格への近道と効率的な学習法を解説

司法書士に働きながら独学で合格できる?

司法書士に働きながら独学で合格できる?

司法書士試験に働きながら独学で合格することも可能です。

 

しかし、相当な勉強量は覚悟しなければなりません。

 

個人的な意見ですが、司法書士試験の学習において独学という選択肢は筋が悪いです。

 

なぜなら合格率4%前後の超難関試験だからです。

 

独学は挫折率も高く、特に初学者であれば原則、プロの教えは必須とお考えください。

≫参考:司法書士に独学で1年で合格できる?効率的な学習戦略と注意点を解説

通信講座の特徴オススメは通信講座です。

 

筆者も、過去に様々な難関試験に独学で挑戦しましたが、難しさに耐えられずに挫折。

 

通信講座に切り替えることで、合格することができました。

 

通信講座は、予備校の半額以下で受講できるだけでなく、教材の品質も高いです。

 

経済的に余裕がない人でも手ごろな価格で、優れた教材を利用することができます。

 

初心者でも通信講座を利用して合格することが可能です。オススメの通信講座を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

 

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

司法書士試験の短期合格ノウハウ本

★非常識合格法を無料で入手! 

出典:クレアール公式サイト

合格するためには、正しい勉強法を身につけることが大切です。

 

試験に落ちる原因の一つは、勉強法を間違えていること。

 

間違った方向に向かってしまうと、合格することは難しくなります。

 

正しい勉強法を知るために、クレアールが出版している「非常識合格法」の書籍を読みましょう。

 

司法書士試験の短期合格に役立つ勉強法がまとめられています。書籍を読むことで、効率的な勉強法を理解することができます。

 

筆者も以前、「非常識合格法」の書籍を読んで非常に役立つと感じました。

 

クレアールに資料請求すると、今だけ先着100名に無料でプレゼントされています。

 

Amazonでは1500円しますが、資料請求するだけで0円で手に入れることができます。

 

資料請求後は、強引な勧誘や営業は一切ありませんので、安心してご請求ください。

\  先着100名にプレゼント!/

司法書士にサラリーマンが合格できる?【よくある質問】

  • 司法書士は働きながら半年で合格できる?
  • 司法書士は働きながら一発合格できる?
  • 司法書士試験は無理ゲー?
  • 司法書士に独学で合格するには何ヶ月かかりますか?

司法書士は働きながら半年で合格できる?

働きながら半年で合格する可能性はゼロではないですが、現実的ではありません。

 

焦って身につけた知識は中途半端。短期目線ではなく、長期目線で考えましょう。

≫参考:司法書士を働きながら半年で合格できる?短期合格の勉強法を解説

司法書士は働きながら一発合格できる?

司法書士の平均受験回数は3~5回。一発合格するには他の受験生を圧倒するぐらい相当な学習量が必要です。

 

一発合格は不可能ではないが、相当難しいでしょう。通信講座などを活用して効率的に学ぶ必要があります。

≫参考:司法書士に働きながら一発合格!効果的な学習法や一発合格の秘訣

司法書士試験は無理ゲー?

司法書士試験は無理ゲーではありません。たしかに超難関試験と言えるでしょう。

 

しかし、努力できる人であれば合格の可能性は十分にあります。

 

司法書士は努力の試験。コツコツ継続できる人が合格できるのです。

≫参考:司法書士試験は無理ゲー?難しい理由と合格できるの勉強法を伝授

司法書士に独学で合格するには何ヶ月かかりますか?

独学の場合、数カ月で合格するのは難しいです。年単位の学習は覚悟してください。

【まとめ】司法書士にサラリーマンが合格できる?

サラリーマンが司法書士試験に合格することは可能です。

 

サラリーマンが司法書士になるメリットは以下のとおりです。

  • 転職できる
  • 独立できる
  • 副業できる

司法書士試験の合格に必要な勉強時間は3000時間程度。

 

合格までの平均受験回数は3~5回ほど。多くの受験生が数年単位で勉強しています。

 

コスパよく合格を目指すなら、通信講座。

 

安価なのに教材の質が高いです。筆者も数々の難関試験に通信講座のみで合格しました。

 

通信講座で合格できます。

 

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

正しい勉強法を知るには「非常識合格法」を読みましょう。

 

今なら、クレアールに資料請求するだけで、無料で手に入ります。

\  先着100名にプレゼント!/

司法書士に関する下記の記事も参考にしてください。