当サイトにはプロモーションが含まれています。

司法書士は誰でも受かる?受かるコツと勉強法を解説

司法書士は誰でも受かる? 司法書士試験
  • 司法書士は誰でも受かる?
  • 実際の難易度は?
  • 受かるためのコツを知りたい!

司法書士に興味ある方!

司法書士は誰でも受かるの?』と思っていませんか。

 

これから司法書士を目指す方は難易度や勉強法を知っておきましょう。

 

★この記事を書いた人

難関資格を10以上所持。士業の資格も複数所持。

難関試験の勉強法を熟知しています。

そこでこの記事では司法書士は誰でも受かるのかを解説します。

 

この記事を読むことで試験の難易度や勉強のコツがわかります。

\ 厳選5社!優良講座を紹介/

おすすめの司法書士通信講座【5選】

 

★お得情報

司法書士のオススメ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで司法書士について深く知ることができます。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)

詳しくはこちら

『司法書士は誰でも受かる』は嘘

司法書士試験は法律系の国家資格。受験資格はなく誰でも受験可能です。

 

他の試験と比較して、難易度は高く、合格率も低い試験です。

 

誰でも受かるような試験ではありません。

≫参考:司法書士試験は無理ゲー?難しい理由と合格できるの勉強法を伝授

『誰でも受かる』は嘘!司法書士の難易度ランキング

ランキング

他資格と比較して司法書士の難易度を見ていきましょう。

難易度 偏差値 資格
超難関 77 公認会計士
超難関 76 司法書士
超難関 75 税理士
超難関 74 医師
難関 67 中小企業診断士
難関 65 社労士
難関 64 気象予報士
難関 62 行政書士
普通 57 宅建

司法書士の偏差値は76。難易度は超難関です。

 

司法書士の難易度と同レベルの大学も紹介します。

  • 慶応義塾大学
  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 東京大学(理科一類)
  • 京都大学
どの大学も難しいイメージがありますね。司法書士試験が難しいことがわかります。

【結論】司法書士試験は難しすぎる

挫折

司法書士試験は難関です。試験の合格率は4~5%。

 

合格に必要な勉強時間は3000時間です。合格者の平均受験回数は3~4回。

 

司法書士が超難関であることがわかります。

≫参考:司法書士試験に受かる気がしない…合格できる勉強法を解説

司法書士試験は独学でも可能?

司法書士試験は独学で合格することも可能ですが、道のりは非常に困難です。

 

よって、独学はオススメしません。理由は以下の4点です。

  • 専門的な知識と応用力が必須
  • 膨大な学習量
  • 解説や指導の不足
  • モチベーションの維持と孤立感

独学で合格するためには相当な努力と集中力が必要です。

 

大半の受験生は続かず挫折します。確実に合格を目指すなら通信講座か予備校の二択です。

司法書士の平均年収

お金を稼ぐ

司法書士の平均年収は、業務内容や経験、所在地などさまざまな要因によって異なります。

 

一般的に、新人の司法書士の年収は300万円~500万円程度。

 

経験を積んで独立開業すると年収1000万円も稼げます。

司法書士に興味を持った方

★オススメ書籍を無料で入手! 

司法書士に関心を持った方。

 

クレアール出版の『司法書士の仕事と働き方がイチからわかる本』を読んでみてください。

 

この書籍では、10人の現役司法書士が仕事の魅力や展望について語っています。

 

司法書士の実態に迫り、資格を活かした働き方や平均年収についても詳しく解説しています。

 

書籍を読むことで、司法書士になるためのモチベーションが高まることでしょう。

 

クレアールに資料請求すると、先着100名に限り無料でプレゼント中です。

 

司法書士に興味をお持ちの方は、ぜひ一読してみてください。

 

なお、資料請求後の強引な販売や勧誘は一切ございませんので、安心してお申し込みください。

\かんたん!1分で入力完了/

司法書士になるには?社会人でも合格できる?

ガッツポーズ

社会人でも司法書士に合格することはできます。現に社会人の合格者は多いです。

 

司法書士試験に合格する必要な要素は次の5点です。

  • 時間の確保
  • 正しい勉強法を知る
  • 通信講座を利用する
  • 自己管理とモチベーション維持

時間の確保

合格には絶対的な学習量が必要です。試験合格に裏技はありません。

 

地道な努力が必要です。

 

限られた時間を有効活用するために、勉強時間を確保し、集中して取り組むことが大切です。

 

通勤時間や昼休み、休日などを活用することも考えましょう。スキマ時間が合格のカギです。

正しい勉強法を知る

出典:クレアール公式サイト

合格を目指す際には、正しい勉強法を最初に学ぶことが重要です。

 

無計画な学習は非効率。プロが教える勉強法をしっかり身につけましょう。

 

オススメはクレアール出版の「非常識合格法」という書籍。司法書士試験における短期合格の戦略を提供しています。

 

この書籍には、効果的な学習法や合格に向けた秘訣が詳細に記されています。

 

非常識合格法を読むことで、正しい勉強法を身に付けることができます。

 

書籍には、試験の最新情報や学習計画についても詳しく解説されており、11科目の学習方法も分かりやすく紹介されています。

 

また、非常識合格法はクレアールに資料請求した先着100名に無料で提供するキャンペーンを実施中です。

 

優良本を手に入れるチャンスですので、この機会にぜひ手に取って読んでみてください。

\  先着100名にプレゼント!/

通信講座を受講する

通信講座がオススメ

確実に合格を目指すのであれば、最初から通信講座を利用することをオススメします。

 

予備校に通う方法もありますが、高額なためオススメしません。

 

通信講座の特徴はわかりやすいテキストや良質な講義です。専門家の指導を受けることで、合格率が高まるでしょう。

 

さらに、いつでもどこでも学習できるので忙しい社会人でも無理なく学べます。

 

ただし、様々な通信講座が存在しています。オススメの通信講座をお探しの方は、以下の記事を参考にしてください。

 

過去に通信講座だけで数々の難関試験に合格した筆者が厳選した通信講座を紹介しています。

 

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

自己管理とモチベーション維持

モチベーションを上げる

自己管理能力を高め、モチベーションを保つためには、定期的な振り返りや周囲のサポートを活用することが重要です。

 

自分の進捗状況を確認し、学習意欲を持続させることが合格への近道です。

 

司法書士に対する強い想いを持ち続けることが重要です。

【まとめ】司法書士は誰でも受かるの?

司法書士試験は誰でも受かるような簡単な試験ではありません。

 

非常に難関であり、合格率は4~5%。

 

合格に必要な勉強時間は3000時間で、平均受験回数は3~4回と言われています。

 

合格は非常に困難な道のりです。

 

試験を独学で合格することも可能ですが、多くの時間と労力がかかります。

 

よって、筆者は独学をオススメしていません。

 

合格を目指すなら次の点を意識しましょう。

  • 時間の確保
  • 正しい勉強法を知る
  • 通信講座を利用する
  • 自己管理とモチベーション維持

正しい勉強法を知るにはクレアール出版の非常識合格法を読みましょう。

\  先着100名にプレゼント!/

さらに、合格を確実に目指すなら通信講座が有効です。

 

≫参考:オススメの司法書士通信講座5選【イチオシも紹介】

司法書士に関する下記の記事も参考にしてください。